yakyuukiroku’s blog

野球情報を毎日お届け!歴代NPB記録や今日の先発ピッチャーの情報までなんでも届けます!

ドラフト2019ドラ1指名予想

あと1時間でドラフトです。
指名されるかドキドキのいちごじです。

 

ちなみに志望届を出していないので、指名される可能性は0なんですけど『ノーベル賞芥川賞・ドラフト』の3つは もしかしたら選ばれるのでは⁉︎ と、ドキドキしてしまうものです。

 

野球ブロガーにありながら、ドラフトの指名予想をしていなかったので、開始1時間前にあわてて記事を書いています。

 

前置きはさておき、早速指名予想を発表します!

 

f:id:kyouiku15g:20191017152735p:plain

こんな感じでいかがでしょう!

 

大船渡の佐々木郎希に5球団

 

星稜の奥川恭伸に3球団

 

明治の森下暘仁東邦高校石川昴弥に2球団という予想です。

 

公表している球団は、佐々木投手に西武・日ハム・ロッテの三球団

 

奥川投手にヤクルト、森下投手に広島、石川選手に中日がそれぞれ単独公表となってます。

 

個人的に注目して欲しいのが、全球団クジに参加する予想となっているので、外れくじでは競合必至の横浜高校の及川投手、河野竜生、海野隆司あたりの選手に流れる球団が現れるのか、本命をあきらめた結果競合する球団があるのかは見逃せません。

 

どうしても迷ったのは、楽天DeNAが高校生投手にするのかどうかでした。

 

楽天大砲の育成が苦手な傾向があるので、甲子園決勝で2ホーマーを放った石川選手にしましたが、今シーズン則本投手の不在があったり、新監督が内定しているのなら育成に時間のかかる高校生野手より、即戦力の投手を希望するのではないかと悩みました。

 

DeNAの場合は、近年、大学ナンバーワン評価の投手を乱獲しているので、今年もその伝統を続けるのか、年代がかぶるから思い切って高校生を指名するのかが個人的な争点でした。

 

さらに、筒香選手の大リーグ挑戦や一塁のレギュラー ロペス選手の高齢化、慢性的な二遊間の戦力不足があるので、一巡目でまさかの大砲獲得に動くかもしれません。

 

以上がいちごじ的、2019ドラフト一巡目指名予想です!

 

例年に比べ2019年は、一巡目指名選手の公表が遅く、どの球団も指名に迷っている模様です。

 

果たして佐々木郎希、奥川恭伸は何球団から指名されるのか、

 

サプライズ指名は発生するのか!

 

ドラフトは16:50からTBSで放送されます!

 

全力待機!